黒ずみクリームランキング

デリケートゾーン黒ずみクリームおすすめ♡効果大の画像口コミ&ランキング

更新日:

黒ずみクリーム4種類
デリケートゾーンの黒ずみが治るクリームランキング♡
美白ケアアイテムマニアの私が実際に使ったことがあるものから、効果が高かった順に比較してみました♡


この記事で紹介する美白クリームは全て医薬部外品で、
『美白の作用』を国が認めた美白クリームです。

>先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

10円玉で美白の比較実験してみた

左から、
アットベリー、ホワイトラグジュアリー、ハーバルラビット、イビサクリーム
を使ってみました。

4時間後


1番明るくなったのが、
イビサクリームでした。
その次がホワイトラグジュアリーですね。

ホワイトラグジュアリーとイビサクリームの違いは?

イビサクリームの方が値段が安い

ホワラグ イビサ
 定価9,980円 【WIN】7,000円
 初回5,980円 【WIN】4,470円
 満足度94.8% 【WIN】96.7
 コスメ総選挙受賞  AV女優の御用達

ホワイトラグジュアリーは実はデリケートゾーンより乳首の方が効果大

ホワイトラグジュアリーはデリケートゾーンよりも乳首用として高評価です。
『乳首のぶつぶつ』をなくしてくれるので、
安いイビサをVIO用に、ホワラグを乳首用に使う人が多いですね。

【結論】
乳首もピンクにしたいならホワイトラグジュアリーでOK

⇒ホワイトラグジュアリー公式

トラネキサム酸が合わない超敏感肌さんはホワイトラグジュアリーの方がいい

アトピーなどの超敏感肌さん(肌が荒れて洗浄力が低いオーガニックコスメしか使えないような人)はまれに、トラネキサム酸が肌に合わない人がいるので、そういう人はビタミンCが主体のホワイトラグジュアリーの方を使うようにしましょう。

イビサクリームは安いのにガチで美白してくれる優秀アイテム

イビサクリームって、本格的な医薬部外品の黒ずみクリームの中では値段が安いのに、
しっかり美白してくれます。
(脱毛ワックスサロンが出しているクリームで、会員向けに販売していたのが人気に火がついて通販も開始した、という感じです。)

美白の即効性がすごくて、何よりも顔のシミにも使えます!
あと、保湿力スゴイです。アソコが赤ちゃん肌になります(本気です)

【結論】
デリケートゾーンや顔のシミの使用ならイビサクリームの方が絶対イイですね。⇒イビサクリーム公式

イビサクリームは顔にも使えるって本当?

過去の記事で書いたように、マジでシミが消えます!
相当濃いシミは写真で分かるように残ってるんですけど、
一番念入りに塗った所(頬の上の部分)はほぼなくなりました!

『できてしまったシミを、なかったことにしてくれる!』

過去、安いニベアの青缶が、世界一高い高級クリーム『ドゥ・ラ・メール』と成分がほぼ同じと言って話題になりましたよね!
それと同じ時期に、

『イビサクリーム』が『資生堂のHAKU』と成分がほぼ同じ!
と話題された事があって、
ほんまかいな!と思って塗ってみたんですよね。

わたし
最近は2ちゃんの美容美白スレなどでは、HAKUが高くて買えないからイビサクリームを顔だけに使うって子もよく見ます。

でも、イビサクリームって本当に保湿成分がすごくて、赤ちゃんみたいなぷにぷににしてくれるんですよね。だから、ぜひ乳首やデリケートゾーンにも塗ってほしいんです。他のデリケートゾーン保湿クリームや美白クリームではなかった『塗った時の感動』が半端ないです。

 

悩める黒ずみ姫
明日、初めて彼氏とエッチする。
お泊りデートがある。
もしかしたら手を出されるかも…
わたし
前日の夜で全然だいじょうぶ!
1日中保湿で潤います。

『かっさかさ』だなぁって好きな人に思われたくないですよね。自分はもう本当に絶対に手放せない、世の中で1番、運命をいい方に変えてくれた、自分に自信を持たせてくれた最強のアイテムだってずっと思ってます。(なんか宗教くさくなりましたw)でも、本当に自分は黒ずんでるのが中学生の時からのコンプレックスだったので、本当にこういうアイテムで救われたんですよね。特にイビサ。

同じ事で悩んでる人って本当にたくさんいると思うんですよね。なんで、もしどれを使うか悩んでるなら、『日本で売ってるやつ全部はもちろん、海外製も4つぐらいためした』日本で1番デリケートゾーンの美白にお金をかけた私が、1番効果があると断言する『イビサクリーム』を使ってみたほうがいいです。

>いや文章長すぎ!先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

そもそも、デリケートゾーンってどうして黒ずむの?

黒ずみ原因は ”メラニン”という黒い色素です。
皮膚は、紫外線などの刺激を受けると、メラニンを作って黒くすることで、紫外線を吸収し、身体の内側を紫外線から守っています。紫外線などの刺激を受けると、皮膚の細胞がメラニンを作り出して日焼けやしみ、さらには黒ずみの原因となってしまいます。
身体を守るメラニンも、できすぎると黒ずみの原因に。メラニンをつくる原因を知って、対策しましょう!

黒ずみの原因① 摩擦

わたし
こすれると黒ずみます!

皮膚への刺激は黒ずみの原因となってしまいます。肘をつくと肘が黒ずむし、長時間硬い椅子に座っているとお尻が黒ずんでしまった!という経験がある方も多いはずです。デリケートゾーンはもっと敏感です。締め付けのきつい下着はやめて、椅子にはクッションを敷くなどの対策で、すでにできてしまった黒ずみも、徐々に薄くしていくことができます。

黒ずみの原因②ターンオーバーの乱れ、加齢

わたし
年をとると、黒ずみがたまりやすくなります!

皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織からなっています。さらに、一番表面にある表皮は、内側から基底層、有棘層、顆粒層、角質層という4層構造になっています。皮膚は深部の基底層からどんどん新しい細胞を作って、表面の古い細胞は死んで、角質となって剥がれ落ちます。この繰り返しをターンオーバーといいます。
黒い色素であるメラニンは、紫外線などの刺激で深層の基底層で作られます。ターンオーバーが活発に働いていると、できたメラニンは古くなった皮膚の細胞と一緒に剥がれ落ちていきます。
デリケートゾーンの皮膚は、このターンオーバーが崩れやすく、加齢などで肌代謝が落ちていたりするとさらに色素沈着を起こしてしまいます。
最近では、デリケートゾーン専用の石けん、シェーバーや拭き取りシート、クリームがドラッグストアでも手に入るので、刺激の少ない物で古い角質をなるべくきれいに落として清潔にし、保湿をして、老化を防ぐことが大切です。

黒ずみの原因③食生活

わたし
ダイエットによる栄養不足も黒ずみの原因になります。

ダイエット中は栄養不足に陥りがちです。でも、お肌のために必要な栄養素、特にビタミンC、鉄分、たんぱく質をとりましょう!

・“ビタミンC”はダイエットでの食事制限や激しい運動、ストレスで不足してしまいます。ビタミンCはヒトの体内では作ることができないので、食事から摂るしかありません。ビタミンCは身体の中でコラーゲンを作る材料になります。コラーゲンはお肌がぷるぷるになると聞いたことがある方も多いでしょう。コラーゲンは皮膚の水分を保持するだけでなく、皮膚の細胞を支えることでたるみを防止してくれます。最近は美容のために「コラーゲンたっぷり鍋」を食べる方もいらっしゃいますが、残念ながらたんぱく質であるコラーゲンは、胃腸で小さなアミノ酸に分解されて、違う物として吸収されるので、直接お肌に働きかけることができません。コラーゲンを体内で作るためには、積極的にビタミンCを摂取しましょう。
ビタミンCには、“抗酸化作用”という酸化を防ぐ作用もあります。野菜やお肉が酸化して腐ったり、金属が酸化してさびたりするのと同じように、人の老化もこの“酸化”が原因と言われています。ビタミンCは酸化による老化を防いでくれます。
乾燥や老化は黒ずみの原因ですので、ビタミンCの多く含まれるレモンやイチゴ、ブロッコリー等の緑黄色野菜、サプリメントや清涼飲料水から摂取しましょう。

わたし
レモンやイチゴ、ブロッコリー等の緑黄色野菜、サプリメントや清涼飲料水でビタミンCを摂取して♡

・“鉄”は酸素を全身に運びます。酸素が足りないと皮膚は栄養が足らずに元気をなくし、ぼろぼろになってしまいます。人の身体は、刺激をバリアしてくれる皮膚に元気がなくなってしまうと、メラニンをたくさん作って身体を守ろうとします。そうすると黒く色素沈着が進んでしまいます。デリケートゾーンなど、心臓から遠いところまででも新鮮な酸素を送り届けるために、鉄分が不足しないようにしましょう。特に女性は生理で貧血にもなりやすいです。レバーやほうれん草、サプリメント、鉄分入りヨーグルトやジュースで補いましょう。

わたし
レバーやほうれん草、サプリメント、鉄分入りヨーグルトやジュースで鉄分を摂取して♡

・“たんぱく質”は身体のほとんどの原料です。たんぱく質がないと新しい皮膚が作れず、黒ずみを悪化させてしまいます。ダイエットでお肉を食べないような生活は、筋肉を減らして脂肪を溜め込みやすい身体を作ってしまい、さらには栄養不足状態となって身体中の細胞が水分をたくさん取り込んで、むくみの原因にもなってしまいます。
黒ずみ防止にも、ダイエットにも、たんぱく質は欠かせない栄養素です。
お肉や魚は鉄分もたんぱく質も含まれていておすすめです。脂質が気になる人は白身魚、お豆腐や納豆を食べましょう。時間がない人、減量中の人は1食をプロテインに置き換えましょう。代謝の上がる朝食時にしっかり摂るのが理想です。

わたし
白身魚、お豆腐や納豆でたんぱく質を摂取して♡

以上、デリケートゾーンの黒ずみの原因をまとめました。妊娠中の方は、皮膚に色素が沈着しやすく、産後にはよくなるのであまり気にしなくて大丈夫です。その他、ホルモンバランスの乱れで皮膚の黒ずみが出る人もいます。黒ずみ以外に何か症状が強い場合には、治療でよくなるかもしれないので、医療機関に相談してみてください。
デリケートゾーンの黒ずみは人に相談しづらいし、悩んでいる女性が多いと思います。デリケートゾーンの黒ずみなんか気にしたことがない!という方も、ぜひこの機会に意識してみてください!
デリケートゾーンまできれいな女性って素敵ですよね。肌に優しく、生活習慣を整えて、内側からも外側からも美しい女性を目指しましょう!

>いや文章長すぎ!先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

黒ずみの原因④ホルモンバランスの乱れ

女性は男性に比べるとホルモンバランスが乱れやすく、
またホルモンバランスがずーっと乱れたままで一定にならないと肌の調子が悪くなって、
デリケートゾーンの黒ずみの原因にもなり、しかも治しにくいです。

悩める黒ずみ姫
ホルモンバランスってなんで乱れるの?

「ホルモンバランスってなんで乱れるの?」と気になりますよね?
以下の理由をチェックしてみてください。

わたし
1.生理周期が一定じゃない
2.更年期
3.睡眠不足
4.過度のダイエット
5.大きなストレスがずっとある
6.飲酒

ほとんどの女性がどれか1つでも当てはまるのではないでしょうか?
それを完全に防ぐのは難しいかもしれません。
でも、できるだけ減らせるような生活をしたいですよね。

>説明長い(꒦ິ⌑꒦ີ)先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

黒ずみの原因⑤ストレス

ストレスはデリケートゾーンの黒ずみの原因のひとつです。
ストレスはターンオーバーやホルモンバランスを乱すだけでなく、免疫力まで低下させます。
ストレスが多いと体が弱って病気になりやすいだけでなく、黒ずみも悪化させやすいので気をつけて下さいね。
ストレスのかかる環境を変えることは難しくても、好きなことをする時間を見つけたり、ゆっくりお風呂に浸かったりと、リラックスする時間を作ることでストレスを解消する方法を考えてください!
家の中にこもってばかりだと、ビタミンDが体内で作られず、どんどんしんどくなってしまうので、外出して太陽にあたるのも大切ですよ。

デリケートゾーンはどうしてもバイ菌が増えやすく、体が弱ってしまうとバイ菌に負けて痒くなったりします。
どんどんかゆさが増して、ついかきむしったり、ゴシゴシと強く洗ったりすると、
傷ができて、また敏感になって、またかゆくなる。そんな悪循環が起きたりもします。
デリケートゾーンは粘膜ですので、とっても敏感な部分。
そうなると刺激が加わりすぎて、さらに黒ずんでいくのです。

通気性の悪い下着を着用していると、さらに雑菌が繁殖します。
ストレスをためすぎないもの大事ですが、もしかゆみが酷いなら下着が何の素材で出来てるかも見直しましょう。
綿素材のものなど、おすすめです。

>いや文章長すぎ!先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

黒ずみの原因⑥乾燥

『デリケートゾーンは乾燥しやすい』ということを知っていましたか?

デリケートゾーンの肌はかなり薄く、肌が薄いところは保水性(潤いをため込む力)が弱いため、どうしても乾燥しやすいんです。

そして潤いのない肌は刺激から身を守る力が低下し、弱くなります。
乾燥しているとちょっとのこすれるだけでも過剰に反応してしまい、さらに黒ずみができちゃいます。

普段から顔のスキンケアを熱心にしている人でも、デリケートゾーンはそのまんま!な人は多いです。
『肌であれば、顔でもデリケートゾーンでも乾燥するリスクあり!!』
と思って、保湿クリームをしっかり塗った方が黒ずみの予防になりますよ。

黒ずみの原因⑦洗いすぎ

デリケートゾーンの間違った洗い方をしてしまうと黒ずみの原因となってしまいます。
洗って清潔にすることで雑菌もわきにくくなって、黒ずみも治しやすいと思われがち。
間違ってはいませんが、激しく洗うのは絶対NGです。

デリケートゾーンは刺激に本当に弱いので、ゴシゴシとこすって強い力で洗ったり、
ボディーソープの洗浄力が強かったりすると、肌に刺激を与えることになります。
刺激が黒ずみにつながるのは再三説明した通りです。
間違った洗い方は黒ずみを悪化させるのです。

もちろん、逆に洗い方が弱すぎると雑菌が繁殖するのでだめです。
とっても加減が難しいですが、デリケートゾーンは手で優しく洗ったり、洗浄力が控えめのボディーソープを使ったり、体の他の場所以上に丁寧に洗ってあげてください。

>いや文章長すぎ!先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

デリケートゾーンの黒ずみ解消方法

解消方法1:体を冷えから守る

体を冷えから守ることでデリケートゾーンの黒ずみを解消することに繋がるのはご存知でしょうか?

体が冷えると女性ホルモンの分泌量が減少しホルモンバランスが乱れてしまいます。このことが原因で肌細胞が生まれ変わるサイクル『ターンオーバー機能』が滞ってしまうのです。

・ターンオーバー機能とは?
肌細胞が生まれて角質として剥がれるまでの代謝サイクルのことを言います。肌が黒ずんだ状態と比べて、ターンオーバーのリズムが整ったときは肌の黒ずみが自然と消えて元の素肌に戻っているはずです。角質が溜まることなく、剥がれるサイクルが出来上がった証拠なのです。

特にデリケートゾーンは下着やボトムスとの摩擦によって乾燥したり、保湿クリームを塗っていても衣服に吸収されてしまい保湿力が失われるケースも少なくありません。

・ターンオーバーと性ホルモン
ターンオーバーには性ホルモンの分泌バランスが関わっています。性ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあり、生物学的な男女の差によってどちらのホルモン分泌量が優位なのかが違います。一般的に、男性は男性ホルモンの分泌量が多く、女性は女性ホルモンの分泌量が多いです。

女性ホルモンと呼ばれる「エストロゲン」や「プロゲステロン」などは、脳下垂体から分泌され卵巣に届きます。

・エストロゲンとターンオーバー
主にエストロゲンは肌の潤いを保ち、プロゲステロンは基礎体温を高めます。特に、肌のターンオーバーにはエストロゲンの関わりが重要です。

一般的に、女性ホルモンは28日間で起こる月経と排卵に伴い、分泌量が大きく変動します。月経前はエストロゲンの分泌量が比較的低く、皮脂の分泌量が多くなります。

ですので、皮膚を水分でしっかり保湿する意識を持たないと、油分が多くなることでターンオーバーが乱れ角質がゴワつき黒ずんでしまいます。
月経のサイクルに合わせて皮脂量の多さも変動します。ですので、今まではデリケートゾーンに保湿クリームを塗っていた方で黒ずみが気になっていた方は、ローションで保湿してみると解消されるかもしれません。

・女性ホルモンと冷え
体が冷えると血流が悪くなってしまい女性ホルモンが上手く分泌されなくなってしまいます。

また、女性ホルモンが満足に分泌されないことで体が温まりにくくなるのです。

・体を冷やさないようにするには
体を冷やさないようにするためには体の中から温めましょう。湯船に浸かったり、体を冷やす食べ物を控えることが大切です。

また、熱が逃げて行きやすいお腹や足などを温めたり、そもそも薄着で過ごさないようにするのも、冷えから守るために効果的です。

解消方法2:たばことお酒を控える

喫煙やお酒は性ホルモンの分泌バランスを乱します。結果、肌のターンオーバーも乱れ角化異常によって肌が黒ずむのを助長します。
顔だけではなく、デリケートゾーンも同様なのです。

デリケートゾーンの黒ずみはタバコ禁止

・ターンオーバーに対する喫煙の影響
タバコに含まれる有害物質には女性ホルモンの分泌量を減少させる作用が認められ、妊娠しにくくなったり生理痛がひどくなることがあります。また、血行が悪くなりますので体が冷やされターンオーバーが乱れてしまいます。

・喫煙と肌環境について
喫煙している場合、肌がたるんだり血流の悪さから色素沈着が起こります。

またスモーカーズフェイスの特徴としては有名な、一卵性双生児による比較対照調査があります。

この調査において、喫煙している双子の一方はもう一方の非喫煙者と比べて、肌のハリが少なく深いシワが現れる傾向にある、という結果が得られました。

・喫煙が女性ホルモン分泌量にもたらすこと
タバコの煙に含まれるニコチンが女性ホルモンの代謝を妨げるほか、血行を悪くします。このことから、生理不順が起こったりターンオーバーのサイクルが乱れやすくなります。

また子宮への血液が滞った状態が慢性化すると、閉経が早まるリスクが高まります。女性は閉経すると男性ホルモン優位の状態になりやすく、肌の保湿力が低下したり、自律神経のバランスに不調をきたす可能性が高くなります。

・喫煙と肌環境の変化
ニコチンは体内のビタミンCを壊します。その量は、タバコ一本を吸うごとにレモン半分に含まれる量に匹敵するといいます。

ビタミンCは体内において抗酸化力を発揮してくれ、肌細胞に運ばれたメラニン色素を黒くなる前のタンパク質チロシンに戻してくれる働きが期待できます。その他、ビタミンCには体を疲れにくく、老化から守ってくれる働きが期待できますので、喫煙によって老化が促進されてしまいます。

・ターンオーバーに対する飲酒の影響
仕事が終わり夕方から夜にかけてお酒を飲む方が多いのではないでしょうか。飲酒のタイミングが睡眠時間に近づくほどアルコールの分解が遅れ、翌朝までお酒が残る可能性があります。

こうした生活が続くと良質な睡眠が得られず、熟睡しにくい体質に変化していってしまいます。そうすると、次第に自律神経のバランスが乱れ性ホルモンの分泌バランスも悪くなり、肌の黒ずみが促されてしまうのです。

・ノンアルコールビールと肌環境
ではノンアルコールビールはどうでしょうか。ノンアルコールビールは麦芽を発酵させていませんが、アルコール度数のあるビールと原料はほぼ同じです。

ノンアルコールビールにはGABAが含まれています。このおかげで自律神経を落ち着かせ、スムーズに眠りにつくことが期待されます。

またビタミンBも豊富です。ビタミンB群はターンオーバーのサイクルを正常に整えます。ターンオーバーが早くて保湿機能が整っていない人も、逆にサイクルが遅れて角質がごわついている人も積極的に補いたいビタミンです。

酔わなくてもお酒を飲んだ気分だけ味わって満足できる方は、ノンアルコールビールで肌を労ってあげても良いのではないでしょうか。

>いや文章長すぎ!先に『黒ずみクリームランキング』を見てみる(記事下にジャンプします)

デリケートゾーンの美白ケアQ&A

黒ずみクリーム4種類

○私は他の人に比べて黒ずみが強いのではないかと心配です。黒ずみやすい体質はあるのでしょうか?

デリケートゾーンの黒ずみは、お顔のシミなどと同じようにメラニン色素の沈着が原因と考えられています。そのため、体の一部分だけが黒ずみやすいとは考えにくく、もともとのお肌自体が色素沈着しやすい体質だと考えられます。汗や皮脂のよく出る体質の方は色素沈着しやすいと言われており、デリケートゾーンには特に汗や皮脂の出る腺が多数あるため黒ずみを感じやすいようです。デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いと言われるほど繊細なものなので、下着の圧迫や摩擦による影響を受けやすいのも黒ずみやすい原因と考えられています。体質そのものを変えることは難しいですが、お顔のケアと同じように予防したり進行を遅らせることは可能です。

○やっぱりピンク色でないとおかしいのでしょうか?

このようなお悩みを感じている女性は多いようですが、あくまでもそのような常識は存在しません。もちろん、もともとメラニン色素が薄い女性もいるでしょうし、こまめな予防ケアによってある程度キープできるのかもしれません。しかし日本人女性の平均的な黒ずみは茶色から赤褐色と言われており、決して純粋なピンク色ではありません。世の中の男性もこのようなイメージを持ってしまう人もいるようですが、これは成人男性向けの画像や商品からの知識として間違った知識として広まってしまっているようです。どうしてもピンク色にこだわるのならば、美容外科手術という選択肢もありますが、リスクや費用を考えるとなかなか手が出ませんよね。まずはデリケートゾーン専用の美白クリームでケアを始めるところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

○ドラッグストアで売っているシミ消し用クリームを塗ってもいいですか?

同じ色素沈着なら顔に塗る美白クリームを塗ってもいいのでは?と思いがちですが、その選択はリスクを伴うのでおすすめできません。ドラッグストアなどで売られているシミ消し用のクリームは、通常デリケートゾーンに特化したものではないので敏感な部位に塗ると炎症を起こす可能性があります。

○デリケートゾーンのお手入れはみんなどうしているのでしょう?

見たくなくても鏡の前に立つと発見してしまうお顔のシミとは違い、デリケートゾーンは自分自身でも簡単には見ることができません。そのため、あまり気にせずに強いボディソープでしっかり擦って洗ってしまっていたり、カミソリでこまめに処理をしたり、きつい下着を付けて摩擦を引き起こしてしまい黒ずみを引き起こしている方も多いのが現状です。意識してケアしている方は、デリケートゾーン専用の石鹸(ジャムウソープ)を使用して清潔を保ち、できてしまった黒ずみには美白・美肌効果のある黒ずみ解消クリームを使用しているようです。

○デリケートゾーン専用の石鹸を使っていれば黒ずみも治るのでしょうか?

インターネットなどで人気のデリケートゾーン専用石鹸は、汚れや皮脂をきちんと落として清潔に保ったり、嫌な臭いを抑制したりする効果を目的に作られているので、黒ずみを治す効果は期待できないと言えるでしょう。石鹸は一時的に使用するものなので、成分が浸透していくとは考えにくく、効果を高めるためには専用の黒ずみ解消クリームの併用をおすすめします。

○黒ずみ解消クリームを使うとどれくらいで効果が現れますか?

人によって色素沈着の程度や使用回数が異なるため一概には言えませんが、早い方だと2〜3週間程度で効果が現れている方がいるようです。お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)は28日〜56日と言われているため、少なくとも2ヶ月程度は様子をみて使い続けてみましょう。ちなみに産後の黒ずみは早めにケアすることで色素の沈着を防ぐことができるので効果が現れやすいようです。

○黒ずみに効果のある成分にはどんなものがありますか?

美白効果が高いとされている成分に、「トラネキサム酸」「プラセンタ」「ビタミンC誘導体」が挙げられます。また、最近お顔のシミに対して漂白効果があると話題になった「ハイドロキノン」も美白成分のひとつですが、日本人の肌にはやや刺激が強いという報告もあり、逆に黒ずみを増強させてしまう可能性があるので注意が必要です。特にデリケートゾーンは一番敏感な皮膚なのでハイドロキノンの入っていないクリームを選ぶのが良いでしょう。

○重曹で黒ずみが解消できると聞いたのですが本当ですか?

重曹は「天然のピーリング剤」と言われており、鍋のこびりつきを落としたり掃除に利用したりしている方も多いのではないでしょうか。お肌への作用としても、古い角質を落とす効果があるので、直接かかとに擦り込んだりボディーソープに混ぜてスクラブとして使用することもできます。しかしデリケートゾーンへの使用は方法を間違えると刺激になってしまったり、強く擦ることでさらに黒ずみが強くなる可能性もあるためやはり慎重になるべきです。やはりデリケートゾーンには専用のクリームを使用することをおすすめします。"

 

美白クリームの乗り換えのおすすめ

黒ずみクリーム

イビサクリームを使ったことがある人

次は、ホワイトラグジュアリーを試してみて!
✕ ハーバルラビット

ホワイトラグジュアリーを使ったことがある人

次は、イビサクリームハーバルラビットを使ってみて!

ハーバルラビットを使ったことがある人

次は、ホワイトラグジュアリーを使ってみて!

 

デリケートゾーンの黒ずみクリームランキング

1位 イビサクリーム

(35g / 7,000円)

最近上位版のイビサセラムが出たんですけど、安いイビサクリームでも十分効果が見込める事を考慮して1位にしました!
『顔のシミに、乳液の後に美容液として使いたい』ならイビサセラムを使うといいです。

わたし
圧倒的に1位。私の人生の中で1番買ってよかった物がコレ。

【関連記事】イビサクリーム2週間毎の乳首の色の経緯まとめ

嫁入り前の私が乳首丸出しでレビューしてるんでぜひ読んで下さい♡↑

イビサクリーム公式キャンペーンページ⇒

 

2位 イビサセラム

イビサセラムを使った感想

(30ml / 14,800円)
イビサセラムは過去に使用レビューを書いたのですが、ツイッターのリプでも『イビサセラムいいよね!』と反響が大きかった美白アイテムです♪

【関連記事】イビサセラムpro買った!使ってみたー&口コミまとめ

わたし
黒ずみケアの鉄板『イビサクリーム』の上位版で、美容液タイプです。

とにかく即効性&保湿を意識した美容液で、口コミの評価もとても高いです。

イビサセラム最安値は公式の初回オフ⇒

3位 ホワイトラグジュアリー

(25g / 9,980円 )

個人的には、デリケートゾーンよりも乳首の方がいいと思うクリームです。

わたし
乳首のブツブツが気になってた時に改善したクリーム。25gしか入ってないから貴重(他は35gが一般標準)

ホワイトラグジュアリー公式サイトはコチラ⇒

4位 ハーバルラビット

(35g/ 7,000円)

パッケージがウサギで死ぬほど可愛い。イビサと違う成分での美白方法なので、自分にどっちが合うか試したらいいですね。

【関連記事】ハーバルラビット写真取った!&乳首で実験

ハーバルラビット公式サイトはコチラ⇒

初回単価 返金保証
イビサセラム 14,800円 28日
イビサクリーム 4,470円 28日
ホワラグ 5,980円 90日
ハバラビ 4,250円 60日

黒ずみのケアとしてお勧めしないもの

ヒルドイドとワセリン

ヒルドイドとワセリンは、どちらも皮膚科で処方してもらえる保湿剤です。デリケートゾーンの乾燥の保湿には効果的ですが、黒ずみを軽減する作用はありませんので、黒ずみのケアとしてはお勧めしません。

バイオイル

保湿効果の高い成分が多く含まれるバイオイルは、肌荒れ改善に効果的なので、こちらは黒ずみ予防には良いかもしれません。ですが、メラニンの生成の抑制や排出させる成分はあまりありません。
かつ、刺激が強すぎる場合があるため、敏感肌やデリケートゾーンへの使用は肌荒れ等の原因になる場合があるますので控えることをお勧めします。

市販品①アットノン

市販品であるアットノンは皮膚の新陳代謝を促進するヘパリン類似物質が含まれています。これはけが(傷)によってできた黒ずみには効果的です。しかしデリケートゾーンの黒ずみの原因はけがでがなくメラニンの色素沈着ですので、効果は期待できません。

市販品②ボディスクラブ

ボディスクラブによる黒ずみ除去はお勧めしません。
ボディスクラブによって剥がすことができるのは表面のごくわずかな黒ずみです。加えてデリケートゾーンのように繊細な部分はスクラブに対してメラニン色素が反応し、逆に黒ずみを濃くし
てしまうリスクがあります。

市販品③ケシミン

シミも、黒ずみも原因はメラニンです。そのため、シミ対策の薬用化粧品として有名な小林製薬の「ケシミンクリーム」は黒ずみを消す効果は期待できますが、こちらもデリケートゾーンに特化しているとは言えません。刺激が強く、肌荒れや吹き出物等の原因になる場合があるのでデリケートゾーンへの使用は控えることをお勧めします。
2:予防効果が期待できるもの

馬油

馬油は黒ずみの予防に効果的です。
馬油に含まれる保湿成分、肌の新陳代謝を上げる成分、炎症を抑える成分が黒ずみ予防に良いとされています。しかし、美白成分は含まれていない為、既に出来ている黒ずみを解消する効果は時間がかかりあまり期待できません。

ヨーグルトパック

また同じように黒ずみの予防に効果的なのがヨーグルトパックです。
ヨーグルトの上澄み液(ホエイ)にはフルーツ酸が含まれ、角質除去(ピーリング)効果があります。これにより、肌の表面の古くなった角質、黒ずみを垢として剥がします。
また、ターンオーバーも整えてくれるので、黒ずみの出来にくい肌へと整えてくれますが、既にある黒ずみへの速効性は低いでしょう。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは保湿性に優れ、オイルに含まれるラウリン酸は肌の再生力を高めます。これにより肌荒れの改善効果は期待ができます。ただし、美白成分は含まれていないので、黒ずみの根本的な除去はできません。デリケートゾーン用の美白化粧品と一緒に使用すると効果的でしょう。

既にできてしまった黒ずみの除去

皮膚科・美容皮膚科

黒ずみは、皮膚科や美容皮膚科で治療が出来ます。
メラニン色素を直接破壊するレーザー治療、
古い角質を落とし、肌代謝を促すケミカルピーリング、
美白クリーム(外用薬)を使用した治療、
手術での除去、
主にこの4通りです。手術以外はエステでも行うことが出来ます。

エステ(ホワイトニング)

エステでは黒ずみの対策としてホワイトニングケアができます。ホワイトニングではビタミンC誘導体を黒ずみ部分へイオン導入していくことで黒ずみの沈静化が期待できます。
費用は10回分で54,000円、1回につき約60分程度です。保湿パック等もあるので肌荒れ等の心配も少ないでしょう。

ピーリングとは?

ピーリングとは角質除去です。皮膚科等で行うケミカルピーリングや市販品のピーリング剤、自宅で作れるものまであります。
皮膚科・美容皮膚科で行うケミカルピーリングは、1回2万円~4万円程度です。
酸によりメラニン等の角質を除去し、肌のターンオーバー、肌代謝を促進します。
市販品のピーリングは皮脂の毛穴つまりや角栓をとりますが、デリケートゾーンの黒ずみへの即効性は期待できないでしょう。
ヨーグルトパックや重曹など、自宅でできるピーリングでは、表面上の黒ずみ除去は期待できますが、蓄積された黒ずみには効果は薄いでしょう。

黒ずみケア商品を購入するときの注意点

黒ずみケア標品をAmazonや楽天等の通販サイトでポイントを貯めながら購入したい方もたくさんいるかと思いますが、こういった非公式サイトではポイント等のメリットだけでなくデメリットもいくつかあります。
・梱包、配送方法がずさんな場合がある。
・商品の生産された時がわからない(古い商品がある可能性も)。
・返金保証制度がついてないことが多い
デリケートゾーンに使用する商品ですので、安心安全に使用したいですよね。公式サイトであれば、万が一不良品が届いて時でも保証がありますので、公式サイトでの購入をお勧めいたします。

>復習!『黒ずみクリームランキング』に戻る

-黒ずみクリームランキング

Copyright© キャバ嬢ブログ|高級ホステスの悩みトレンドまとめ♡ , 2018 All Rights Reserved.