キャバクラで働く時、身分証明書の提出が必須です。
逆に、キャバクラ以外(クラブやラウンジ)では身分証明書の掲示は必要ありません♪

たまーに、『このキャバクラ身分証明書必要ってなんか怪しくない?』と不安がる女の子がいるけど、
本当に合法なキャバクラなら提出するのが当たり前なので大丈夫ですよ♡

キャバクラで身分証明書が必要な理由

キャバクラは風営法

国が定めた、風営法ってのがあります。聴いたことあるよね。
1時回ってからまだ客がいる時に、『この辺を警察が見回りしてるらしい!』とか言って
客がいるのに店内の電気オフにしたりするあのワクワクのやつw

あれと同じ風営法。

18歳未満の子を雇わない(もし間違って雇ったら完全アウトだからね。何千万とかけてお店を作って、そんなガキが迷いこんで店を潰してしまう程怖いもんないしね。)
ってのもあるし、あとは外国人の不正労働も防ぐ意味もある。ビザなしの違法の人らね。

んで、最近の店は住民用でOKのとこもあるし、自分は免許書がなかったからパスポートを持っていってるよ!
体験入店でもいる場合多いから気をつけて。

クラブやラウンジなら身分証明書は不要

いろんな店を渡りあるいたけど、まず年齢を聞かれる事すらない事がほとんど!

客とママと一緒に喋ってる時、客が何歳なの?と聞いてきて、◯歳です!

ママ「あら、あなた◯歳だったの?」
ぐらいのノリです。

まぁクラブのママともなると年齢を聴くのも失礼と思ってるのかもしれないね。
見た目若けりゃOKなのがクラブ。
なので、どうしても身分証明書を提出したくないのであればクラブで働くのがいいでしょうʕ→ᴥ←ʔ