美容

韓国コスメおすすめランキング(2018)明洞で買えるのはこれ!

韓国コスメおすすめ

ミシャ クッションファンデーション

どこのドラックストアにも置いてあって、値段も1000円なのがすごくいい。気軽に試してみようと思って買ってみたら、このクッションファンデすごい。ポンポン叩くだけで毛穴も綺麗に消えた!ツヤも出て、今時肌になれる!

エチュードハウス ティアアイライナー

キラキラのラメが入ったアイライナーです。ラメが粉落ちしないので、しっかりキラキラが長持ちしてくれるのが嬉しいです。下まぶたに塗ると、黒目にキラキラが反射するので、涙袋も強調されて可愛く見えてオススメです。

Twitterでの口コミを見て気になったので購入しました。だいぶ前に購入しましたが、液がたくさん入っていて全然減らないし値段も800円ほどで購入出来るのでコスパはとても良いです。涙袋の全体に塗ってしまうと目立ちすぎてそこにしか目がいかなくなる感じなので、手の甲やティッシュなどで液の量を調整してから下瞼の目のキワあたりにスッと1本の線を引くように使用してみました。付属のブラシが極細なのでとても塗りやすいです。大粒のラメがたくさん入っていて塗った直後はキラキラして涙袋がぷっくりとして見えてとても可愛いなと思いましたが、少し時間が経つと乾燥してすぐ落ちてしまいます。落ち方も綺麗に落ちていく訳ではなくて、ヒビ割れしてそれが少しずつボロボロと剥がれ落ちていくイメージで、落ち方がだいぶ汚くみえました。なので化粧直し用にちゃんと持ち歩くのが正解かな?と思います。細長くて見た目も可愛らしいパッケージなので、あまりかさばらない為持ち歩きには便利だと思いました。使い方にもよると思いますが、不器用で面倒臭がりな私には少し扱いづらい商品だなと感じたので今回の商品リピート買いはしないと思います。器用でこまめに塗り直しをする事が苦にならない方ならとても良い商品だと思います。

でも、涙袋のおすすめなら、日本のメーカーの方がいいかも!

他の涙袋用コスメでは、日本のKパレットさんから出ている「1DAYTATOOティアーズシャドウ&ライナー」を使用したことがありますが、その商品はティアーアイライナーよりも断然ナチュラルな仕上がりになると思いました。なので私はキラキラで華やかな印象にしたい場合や化粧直しがいつでも出来るような友達と遊びに行くようなお出かけの時にはETUDE HOUSEのティアーアイライナーを使い、普段使いや化粧直しが中々出来ないような時、ナチュラルな印象のメイクにしたい時にはKパレットの1DAYTATTOティアーズシャドウ&ライナーを使い分けて使用しています。写真を撮る時にはティアーズシャドウ&ライナーを最初に塗ってから目のキワあたりにETUDE HOUSEのティアーアイライナーを重ね塗りしています。すると写真でも光に飛ばされずにぷっくりとした涙袋があるように見えるのでオススメです。私が普段しているしている涙袋メイクはETUDE HOUSEかKパレットの涙袋用コスメを塗ってから目尻3分の1程度に赤色のアイシャドウを、黒目の下あたりにピンクのアイシャドウを重ねて塗ります。すると少し前に流行ったうさぎメイクや病みメイク?のような泣いた後みたいな可愛い目になるのでオススメです。

エチュードハウスのリップティント

液体だったので、ちゃんと着色するか不安でしたがきちんとティントの効果が出ており時間がたってもじんわり色が残っていました。ただ香料がすごいのか甘ったるい匂いがしました。他の商品で液体タイプのリップティントを使用したことがないので比較が難しいですが、新ジャンルとしてありだなと思いました。

塗ってすぐに触らずに少し時間をおけば、ご飯を食べても飲み物を飲んでも色落ちすることもなく夜まで長持ちします。手で間違えて唇を触ってしまっても、他のリップに比べて手に赤いのがついたりしないのではみ出てしまったり汚くもならないのでとっても良いです!

ザセム カバーパーフェクション チップコンシーラー

ほっぺのシミを消すことができた。カバー力がある。
色の種類が選べていい。プチプラ。コンパクトでメイクポーチに入れて持ち運びできる。
キャンメイクのコンシーラーより伸びがよくて肌になじむ。
つきすぎることがあるから、注意が必要。

BODYFOODのハンドクリーム

ボディーフードのハンドクリームがよかったです。友人から韓国土産にもらいましたが、シアバターの匂いもとても心地よく、塗ってもベタベタせず、手もさらさら、つるつるになりました。悪い点はあまりなかったと思います。

CLIO KillCover(クリオのキルカバーファンデーション)

“MISSHAのテンションパクトよりもCLIOのKillCoverの方が
カバー力がいいです。しっとりとした肌にしてくれるのと同時に潤いも保ってくれるので肌がしっとりします。
肌の馴染みもいいのでリピートしてます。

“とてもカバー力に優れています。他にも韓国コスメのクッションファンデでエイプリルスキンも使っていますが、
カバー力としては、こちらの方が断然凄いです。エイプリルスキンも潤い感が凄く出るので良いのですが、カバー力を最優先するのならこちらのクリオのクッションファンデかと思います。

puresmileのマスクは韓国コスメのお土産としても人気!

puresmileのシートマスクは昔から愛用しています。いろいろな種類があって毎日でも使える手軽なマスク!安いのに生地がしっかりしててコスパよしです。最近はほんとにいろんな種類のマスクが出来てきてて何を買うかまよってしまいます。たまに変な種類のマスクあるけどそれはそれでまたたのしい

theseam(ザ・セム)のコンシーラーは何度も@cosmeで1位になってるよ♡

“リキッドタイプのみの方を購入しました。
500円とプチプラなのにカバー力があると人気だったので、一気に2個購入しました。
人気だけど実際どうなのか、と少し疑いながら試してみたら、人気の意味がわかりました!
シミ、ニキビを自然にカバーしてくれて、その後に塗るファンデーションでも崩れないです。
乾燥肌の私は今までのコンシーラーは塗ったら肌がボソボソしてしまってたのですが、この商品はしっとりしていて、全く乾燥しないです^^
リピ買い決定です♡

“ザセムのコンシーラーを使っています。
カラーは1.5です。
日本人に最も合うオーソドックスの色だと思います!
塗るだけで簡単にクマやくすみ、ソバカスなどが消えます!
ネット通販の購入が可能で、値段も500円とお得です。”

ペリペラのインクコレクター(ティント)も2018年大人気に!(韓国コスメappで最近常に1位)

韓国人が使うコスメ系App(unpa)で常に1位!ペリペラのインクコレクター♡

チューブじゃなく、グロスみたいなアプリケーターが付いてるのが珍しいと思う。見た目が哺乳瓶みたいで可愛い。伸びが悪いのが残念。あと乾燥が激しいのが残念だった。けど、乾燥肌じゃない人はカバー力もあるのでおススメ。

2番のミントを、赤み消しの下地として購入。元々唇の赤みが気になっていたので、ミントカラーなら赤みをよく隠せるとのこと。使用したテクスチャーはとても軽くて付け心地はヨレることもなく使いやすい。
少し厚めに塗れば赤みは隠れるかなぁという感じ。だけど厚く塗ると白っぽくなってしまいます(笑)

the face shopのエアコットンメイクアップベース(ラベンダー)

“ラベンダーカラーのCCクリームで、肌のくすみが吹き飛ぶ。SPF30やPA++とUV機能もついてるのでUVケアもできる。
くすみを飛ばして肌色を明るくすることで毛穴や小さなニキビ跡を光で飛ばしてくれる。
テクスチャがとてもなめらかでちょっとの量(パール粒)で伸びるから、コスパもめちゃくちゃ良い。
化粧下地(メイクアップベース)なのでファンデの崩れもあまり無かった。
香料使いまくり、ニオイきついのが韓国コスメのほとんどだけど、the face shopはナチュラル派、添加物をあまり使わずに低刺激コスメがコンセプトのコスメブランドだから、敏感肌でも安心して使えるし、ほんのり香るお花っぽいにおいでリラックスしてメイクができる。
クリームをつけすぎると不気味なくらい青白くなっちゃってバブリーメイクみたいな真っ白顔になるのでそこは注意。
適量をちゃんと使って薄づきにすれば、つやのある美白肌になれる。
保湿力はまあまあ。抜群に良いわけでもないし、特段に悪いわけでもない。乾燥肌の人は保湿ミストと一緒に使うか、保湿力のある他のメイクアップベースと混ぜて使うとちょうど良いと思う。
パープルやラベンダーのCCクリーム・メイクアップベースはただの白肌ではなく、ちゃんとトレンドのつやふわ美白肌にしてくれる。

“etudehouseのカラーコントロールクッションと比べてコンパクトで使いやすい。クッションはまんべんなくつけれるけど、後半になるとパフにつかなくなる(真ん中の部分だけ液が消費されてうまくつかなくなる)ので、くすみが気になる部分だけにポイント使いしたいときのことを考えるとthe face shopのが良いと思う。
一度、インテグレートグレイシィのパステルグリーンのCCメイクアップベースと混ぜて使って見たけど、赤みもくすみも消し飛んで能面みたいに血の気のない真っ白な顔になってしまった。このパステルグリーンのCCクリームはエアコットンメイクアップベースと似たようなテクスチャで赤みを飛ばしてくれるから使いやすいけど、毛穴や小さなニキビ跡までは隠してくれないしファンデとの相性もそんなに良くなかった。
ESPRIQUEのCCベースのナチュラルの方を前 使ってみたけど、確かにきれいな肌にしてくれるけどくすみを飛ばして白い肌を演出したいならエアコットンメイクアップベースのほうが良い。安いし。
マキアージュのスキンセンサーベースは口コミでの評価や人気さにつられて買ってみたけど自分にはあまり合わなかったし、口コミほどの劇的な変化は無かった。

noveのグラデーションアイシャドウ

誰でも簡単にグラデーションができるアイシャドウという商品で、カラーは二層になっています。ブラウンとピンクの二層になっているタイプを購入しましたが、塗るのが大変でした。右目はうまく濡れても、左目はすごく難しい…。ひと塗りでグラデーションを出すのはまず無理だと思います。色付きも良くなくて何度も何度も塗り重ね、指で馴染ませ更に塗る…を繰り返しでした。スティックタイプで口紅のようにくり出すもので、テクスチャーも口紅のような感じです。そのスティックを下まぶたに塗るのがとても難しくて、薄いピンクはわかりずらいしブラウンを塗ろうとすると恐ろしくクマのようになってしまい最悪で、これで下まぶたを塗るのは諦めました。色持ちはまぁまぁです。フリマアプリでたくさん出品されて、値段も安いので試しに購入する分にはいいかもと思いましたが、安くてもゴミになりました。noveの同じシリーズで口紅も売っていたのですが、買わなくて良かったと思います。

アイシャドウでは何と言ってもEXCELが一番だと思います。発色は良いし、日本人の肌馴染みに合っていると思います。値段も手ごろだし(それでもnoveの倍はしますけど)、カラーも豊富で選ぶのが楽しいかも。でもアイシャドウのチップが軟弱で、シャドウの終盤になるころにはポッキリと折れてしまうのが難点ですね。EXCELのアイライナーもペンシルタイプで使いやすく、仕上げのパウダーも付いているので1本で2役のすぐれものです。発色に関しては、草花木果のアイシャドウもおススメです。1色ずつ購入ができるので、良く使う色だけを追加購入すれば無駄がなくて、結果的にはコスパが良いかもしれません。とにかく肌馴染みと発色は草花木果も捨てがたい。ただネット通販なので試すことができないのが残念です。他の商品を購入する際に、好きなサンプルを頼めるのでその時にお試しあれば良さがわかると思います。値段は韓国コスメよりは高めです。

DrJart+ BB Blemish Base (ドクタージャルトのブレミッシュベース)

BBクリームが入っているファンデーションに限っては、そのマッドなつきの良さは韓国製が抜群だと思います。ベースを塗ってからのパウダーファンデーションも軽いお出かけの時にはする時もあります。ただパウダーの物は、汗をかいたり皮脂が出てきてしまうとファンデーションが肌でよってしまったりむらが多くなることが多いです。特に夏の暑いときにこの手順でパウダーを上に使ってしまうと汗をすぐかくので崩れます。そういう面においても韓国製のBBファンデーションはしっかりとぴったり肌に付きます。特に韓国製品、ミシャやエチュードハウスを好んで使うことはありません。ほかのアイテムは日本製がメインです。でも芸能人やモデルさんを見ていても韓国の女の人の肌はきれいに見えますよね?きっとこういうところで差がでるのではと思います。韓国に行ってもそれほどコスメの値段が特に高いものはあまりないですよね?でもやっぱりみなさん綺麗です。

“ レブロンのBBクリームも口コミなどでもいいですよね?価格もそこそこ同じくらいの設定です。両方ともに日焼け止めクリームも入ってますから夏ももちろん使えます。けれど、レブロンのBBクリームの方は、一言で言うなら「クリーム」なのです。なので伸びという面では良いですが、伸び切っているのでつかないのです。うまく表現しにくいですが美容液などと同じ感じでスーッと行って終わってしまうのです。だからファンデーションをつけても肌の変化がなく、つけているように見えません。これはいい意味ではなくシミも隠れないという意味です。
あとザ・スキンケア・ファンデーション(アディクション)も値段は、そこそこ4500円となってますが、いつもランキングの上位に入ってますが、それほど違いがわかりません。ツヤがきれいに出るとの口コミが多いですが、それも韓国コスメとあまり変わらない気がします。韓国コスメが艶っぽい仕上がりになります

stylenanda(3ce)のTATTOO LIP TINT #CANDY JELLY

“お値段もお手軽ですし、ティントなので落ちにくい!と聞いて購入してみましたが想像以上でした。日本のコスメ(ティント)と比べても本当に落ちにくいです。お気に入りではありますが、塗るのも落とすのもちょっと大変なので毎日使いはしておりません。
本品は普通のリップやグロスみたく伸びないので、そのまま塗ると塗ったその箇所にパキッと色が乗る感じです。例えるなら…普通のリップがクレヨンなら、こちらはペンのインクのような液体になっています。均等に塗るのがやや初心者の方には難しいため、綿棒や他の筆で塗った方がいいかもしれません。
また、これだけだと色もビビットで浮いてしまいます。(顔立ちによりますが…)カラーを押さえたい方は上からイエローやグリーン系のグロスを乗せるのもオススメです!
メイクオフは、クレンジングで落としても色が残ったりするのでティントとしての持続は本当にします。ですが、「ここまで色が残らなくてもいいかな?」と思う方には、まず色のないリップやグロスを塗り、上から本品を塗ることをオススメします。その方が伸びも良いので、塗るのが難しい方には特にこの方法がオススメですよ!

“ビビットカラーが目をひく本品、発色は本当に良いです。ティントはCANMAKEの商品も持っているのですが、やはり日本のコスメと比べても、ティントとしての役割は一番じゃないかなと個人的には思います。ですが、先ほども書いたようにパキッと色がその箇所に着いて均等に伸びないので、塗るのが難しい…(笑)
また、唇に染みるインクのような感じなので、ツヤ感は無いマットなカラーです。その点は最初に挙げたCANMAKEのティントのような商品みたく、1本使いできる方がいいかもしれません。サッサッと手間を省きたい方にはオススメしづらいですが、慣れればコツも掴めるし一度塗ればメイク直しの手間も省ける点が良いと思います。
色が着きやすいのが特徴なので、1本使い切るのにもかなりの時間がかかると思います。お値段も高くはないのでオトクな商品ですし、買って良かったです。カラーバリエーションもあるので、他も試してみたいと思います!”